HOME > 会社概要

会社プロフィール

社 名
所在地

連絡先

株式会社スギモリ
富山県中新川郡立山町利田2477
(主要地方道 富山・立山・魚津線沿い蔵本口バス停前
 ※通称有沢線)
フリーダイヤル 0120-069-018
TEL 076-463-0660
FAX 076-463-5088

事業内容
在来木造住宅(ウッディハウス)
ログハウス
設計事務所
宅地造成
不動産取引
賃貸業


認  可
【建設業許可番号】       富山県知事許可(般-28) 第11087号
【建築設計事務所登録番号】 富山県知事登録(5)1040号
【宅地建物取引業免許番号】 富山県知事許可(6)第2152号


加盟・所属団体
財)住宅保証機構 すまいまもり保険登録業者 No.10008159
住宅あんしん保証 住宅あんしん事業者 No.0012841
住宅金融公庫融資住宅調査業務
登録建築士事務所

WONONONE 愛犬家住宅
 
あずまだち研究会
富山の快適すまいづくりの会



増改各種資格保持者
経営学修士
建築士
設計専攻建築士
宅地建物取引主任士
福祉環境コーディネーター
健康住宅アドバイザー
増改築相談員
リビングスタイリスト
整理収納コーディネーター
応急危険度判定士
愛犬家住宅コーディネーター
1名
2名
2名
2名
1名
1名
2名
1名
2名
1名
1名



本社事務所兼ログハウス展示場
(屋根葺替工事後)







株式会社スギモリについて ~経営者より~
 先代は、製材業と建築業を行なっており、こと建築に関しては「材木屋が材木をケチってどうする」というのが口癖で、自社が製材(丸太から木材に加工すること)した材木と吉野杉柱で、漆塗り、4寸5分柱の真壁の伝統的和風住宅を得意としていました。学校を卒業の後から今日まで、他見の木材会社勤務もありましたが、富山で製材業務と建築に携わってきました。

 先代が亡くなる前に株式会社スギモリを立ち上げ、実質的な経営者として踏み出しましたが、建築業界の将来に不安を覚え、当時最先端を走っていた(?)フランチャイズに加盟しました。しかし、そこには「全国均一、同一製品、同一価格」というシステムがあり、日本海側という、太平洋側とは違う気象条件や歴史的背景は考慮されていませんでした。
 「よい家を低価格で」という思いから始めたフランチャイズ加盟。しかしそこには、営業競争と利益の追求が大きな部分を占めていました。そんな時、知人に「お父さん(先代)はいい仕事をしたのに、兄ちゃんは安い仕事しかしないのか」と言われました。
 自分はいい家を安く建てたいと思って努力をしているのに、他人から見ると価格が低いということでだけで評価しているのだと知りました。フランチャイズには新しい製品や建築に対する前向きな姿勢はあるものの、地域性や環境の事を考えることなく、均一価格を押し付けるというあり方に疑問を抱いていた頃でもあり、大きなショックでした。

 そこで、フランチャイズを抜け、新しい方向を探るべく決心したものの、教えてくれる処もなく、もう一度大学に戻って、経営やシステムの見直しができるようにと決心しました。昼は仕事で、夜は地元の富山大学夜間に通う生活が続きました。その間、図書館や書店から、建築や流通、生産システム関係だけではなく、経営や人生を語る等、多くの文献に触れました。
 最初の4年間は試行錯誤の時代で、宅地造成をしたり、ログハウスの事務所兼展示場を建てたりしました。続いて在学した大学院では、環境学や流通システムを学び、世界経済の流れを見ることで、物を売るのではなく、省力化効率の面から、他人に喜んでもらえる「命の器」という観点にたどり着きました。具体的な方向性ではないものの、教室に通うことで有意義なものがあったように思います。
 また、ご指導をいただいた教授の先生方をはじめ、異業種に携わっておられる方々からも、多くの教えを頂き、知己を得ました。
 京都の町屋を研究されている「京都文化ネットワーク」に、参加させていただいたことも、建物を考えることに役立っていると感謝しています。現在は、伝統ある地域風土に根ざした在来木造住宅をベースに、ログハウスの持つ調湿等の快適性を前面に出した家、自然素材と現代加工技術の融合という形、今のスギモリが提唱する住宅建築に到達し、進化中です。
 「未来と自分は変えることが出来る」という信念を基に、これからもよりより家づくりをするために努力していきたいと思います。